スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 マタニティブルー??その2 ~ミルク編~
2012年06月28日 (木) | 編集 |
こんばんは
今回は先回のジャム編に引き続きミルク編を書き記したいと思います。

今回も長文です。
覚悟してお読みください。



ジャムが天国に旅立ってから時は経ち、マサしのは中学卒業の時期を迎えました。

実はマサしの、中学3年の後半にプチいじめに合ってました。
しかも今まで仲の良かった友人から・・・

何が原因で無視されるようになってしまったのか今では覚えてませんが・・・
多分他の子と仲良くしてたとかマサしのが聞きそびれて無視したと勘違いされたとかそんな些細な事が原因だったと思います。

不思議なものでその子一人が無視し始めるとクラス全体に伝染してしまうものなんですね。
クラスの子達は「私はマサしのちゃんの味方だから。」なんて言いつつも実際には他人事。
蚊帳の外から様子を伺いながら高みの見物っといった感じでした。

それにもう2学期の後半を過ぎてましたし、クラス内ではそれぞれのグループとゆぅものが確立されておりマサしのは異分子とみなされクラスで孤立化してしまいました。

で、やはりクラスの嫌われ者とゆぅ人はどこにでもいるものでマサしののクラスにもどのグループにも属さない嫌われ者が1人いまして必然的にその子といる機会が多くなったのです。
その子にジャムの話をしたら自分ちの猫に子供が生まれたらあげるよといわれたのです。

マサしの、一瞬迷いました。
だってジャムが亡くなったばかりだしそれよりも母が許してくれるはずがないのですから。
とりあえず生まれたら連絡をもらう約束をし中学を卒業しました。

それから高校生の夏、仔猫が生まれたよと連絡をもらいました。
本当どぉするか迷いました。
マサしのは欲しかったです。
だって自分の猫とゆぅ物を仔猫から育てたことがなかったのですから。
意を決して母に打ち明けました。
そしたら自分で面倒見れるならいいよとお許しが出たのです

マサしの、嬉しくって嬉しくって天にも昇る気分でした
多分ジャムのことでマサしのが落ち込んでた姿を母は見ているからでしょう。
新しい猫を飼うことで前向きになってくれたら・・・と母親心だったんだと思います。

早速友人に連絡し乳離れした頃もらいに行く約束をしました。
あれは忘れもしません初夏の日差しが照りそそぐ高校1年生の7月初旬、のカゴにミルクを乗せてもらって帰りました。

真っ白なシャムネコ(♂)でしたので『ミルク』と名づけました。


ミルク1

ミルク2


ミルクはやんちゃ坊主でシャムネコだけあり気が強かったです。
でもとてもいい子で躾はとても楽でした。
家族に可愛がられながらすくすくと成長していきました。


ミルク3


当時の猫は去勢もしなかったし放し飼い状態、餌もキャットフードではなくねこまんま。
ミルクもそんな環境で育ちました。
まぁ、最初は家猫で育てるつもりだったのですが外に味を占めてしまい断念したとゆぅのが本音ですが(^o^;

そして気の強いシャムネコだけありミルクはすぐ縄張りのボスと化しました。
そんな頃に事件は起こったのです。


その頃のマサしのはテニスにハマっており深夜に放送されてたテニス番組をよく見てました。
寝る前にお風呂に入るためお風呂を沸かしながら見てたのですがそのまま寝てしまうことがしばしば。

当時のお風呂は今と違い木の風呂桶で外からガスで沸かすタイプ。
沸いても自動で止まらないので手動で止めないといけません。
それなのにお風呂を沸かしながら寝てしまったので朝にはボコボコに煮えたぎってました。
そんなことを何度も繰り返してたので母にこっぴどく怒られました。

その日もお風呂を沸騰させ朝から母に怒られてました。
そしてお風呂のお湯を冷ますため蓋を半分開けておいたのです。

朝から居間でまったりをみてると「フンギャーーッ」とミルクの声がしお風呂場から凄い勢いで出てきたのです
そしてその勢いのまま居間中をかけずり回ってました。

その姿を見て最初はゲラゲラ笑ってたのですが、尋常じゃないことにやっと気づきミルクを必死で捕まえてみたところ下半身が真っ赤にただれていたのです

そぉなんです
チンチンに沸いたお風呂に落ちたのです

急いで流し台に連れて行きお水で冷やしました。
冷やしてる最中から「ナオ~ン、ナオ~ん」とミルクは泣きっぱなしです。

バスタオルに包み泣きわめくミルクを近くの動物病院へ連れて行きました。
そこの動物病院は朝早くにもかかわらず快く診てくれました。

診察の最中、学校に行く時間になったのでミルクのことが心配でしたが母に任せ登校しました。
学校が終わりに帰ると速攻で動物病院へ向かいました。

ミルクは檻の中でエリザベスカラーを付けられ痛々しい姿で横たわってました。
ミルクはマサしのに気づくと鉄格子に擦り寄ってきました。

マサしのはボロボロ泣いてしまいました。
こんな痛々しい姿になってもマサしのに擦り寄ってきてくれるのです。
マサしのの不注意でこんな姿にさせてしまったのに・・・
ごめんね、ごめんねと泣きました。

マサしのが母の言うことちゃんと聞いていれば・・・
風呂場の蓋を開けてなければ・・・
マサしのはまた大切な猫に後悔しても仕切れない過ちを犯してしまったのです。


幸いなことにミルクの火傷はきれいに治りました。
ただ火傷した部分の毛は産毛程度にしか生えてきませんでしたが。


ミルク5


その後も縄張りのボスに復活し元気に過ごしていきました。
でももともと体に欠陥があるようでレントゲン検査でわかったのですが心臓が弱い猫だったみたいです。
腸閉塞を起こし手術をしたこともありました。

母曰く、とにかくお金のかかる猫だったと(^^;
でもかわいい家族だから仕方ないと溺愛してました。


ミルク4


そして月日が流れマサしのは社会人になりました。
相も変わらない日常。
そんな日常がずっと続くと思ってたある日、突然ミルクが帰って来なくなったのです。
まぁ、確かに1~2日は帰って来ない日もありましたが2週間近くも帰ってこなかったのは初めてでした。

猫は死期が近づくと飼い主の側からいなくなるって言いますからもしかしたら・・・と家族全員諦めてました。
それがひょこっりとミルクが戻ってきたのです。
ガリガリのボロボロの真っ黒になって・・・

家族全員で喜びました

そして考えましたこんなになるまでどこにいたんだと・・・
もしかしたらトラックの荷台に乗り込み知らない間に遠くへ行ってしまったとか
悪い子供に閉じ込められたとか
いろいろ考えましたが、こんな姿になりながらも一生懸命我が家へ戻ってきてくれたのです。
我が家を自分の家と認識して戻ってきてくれたのですから。
もうそれだけで満足でした

さぞお腹が空いていたのでしょう、ねこまんまをガツガツ食べお水を沢山飲みました。
それからまた平穏な日々を過ごすと思ってました。

ところが数週間してミルクの容態が急変しました。
猫エイズでした。
ミルクは新築して1年目のきれいな居間で家族みんなに看取られ天国へ旅立っていきました。
病気に犯され死期を悟っていたにもかかわらず必死で戻ってきてくれたのです。
死に場所はやっぱり我が家なんだと・・・
ミルクにありがとうと言いながら見送りました。

1994年2月20日 享年5歳
スズメの鳴き声が聞こえる朝方でした。

今の飼い猫は10年~20年生きる現代に比べると5年は短いと思いますが、餌はねこまんまで去勢せず放し飼いの当時の猫では平均的な寿命だと思います。

短いながらも長い猫生をマサしの家族と過ごしてくれたミルクに感謝の気持ちで一杯です。


ありがとう、ミルク
ミルク6





そして現在・・・

トム1


マサしのはあるご縁でトムくんと出会いました。
もう家族どころか息子同然、目の中に入れても痛くないほど溺愛しております


マサしのはトムくんに対しても後悔しても仕切れない過ちを犯してしまいました・・・
それは肥満猫にしてしまったことです


トム2
ずんぐりむっくりのトムくん、可愛すぎです










ブログランキングに参加してます
トムくんとマサしのと授かった赤ちゃん、そして天国のジャム&ミルクに愛の応援ポチお願いします
それぞれ1個づつポチしてくれると嬉しいです

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/01(Sun) 22:25 |   |  #[ 編集]
情緒不安な気持ち、少しは落ち着きましたか?
私にはよくわからないけど、ホルモンバランスなどの変化で精神的に乱れることってありそうですよね…
お大事にされてくださいね!

ジャムちゃん、ミルクちゃんのお話読ませて頂きました
マサしのさんの気持ちよくわかります
ほんのひと昔前までは、猫を動物病院に連れていく習慣自体なかったですものね
猫はとうぜん放し飼いで避妊手術もなく自由でしたよね
飼い方そのものが今と異なっていましたもの
色々辛い事があって当然ですよね…
私もたくさんの後悔や心の傷があって、その経験や反省が今に繋がっています

ジャムちゃん、ミルクちゃん、マサしのさんの心の中で今も生き続けていますね
きっと感謝していると思います
何だか上手く言えなくてごめんね~…(´▽`)

2012/07/03(Tue) 23:52 | URL  | しめじ #77IgQtVw[ 編集]
Re: きっと・・・ カギ付コメントkさん
ほんとそうですね。
普通が一番幸せだと感じることなんて普段ないですもんね。
大切なものをなくしてからやっと気づくことの方が多いです。
トムくんとも悔いのないよう日々暮らしていきたいと思いますe-446

コメントありがとうございましたe-466

2012/07/04(Wed) 22:19 | URL  | マサしの #Lx03s14c[ 編集]
しめじさん
ありがとうございます。
マタニティブルーもだいぶ治まってきました。
でもやっぱりジャムとミルクのことを思い出すと涙が出てきますv-409
しめじさんもマサしのと同じ気持ちなんでしょうね。
きっと天国でうるめ君とジャム&ミルクは仲良く遊んでいることでしょうe-446

コメントありがとうございましたe-466

2012/07/04(Wed) 22:29 | URL  | マサしの #Lx03s14c[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。