スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 両建て賛成派 ~損切りの意味とは?~
2010年09月01日 (水) | 編集 |
こんばんは

8月31日(火)
本日ノートレ&ノーパチです。
夜は岩盤ヨガで気持ちよく汗を流してきました。

特にネタもないのでマサしのカミングアウトしちゃいます


マサしの、実は両建て賛成派です。
こんなこと書くと尊敬する人達に怒られちゃいそうですが

いろんなFXの本やブログにやってはいけないことワン・ツーに両建てとナンピンがあります。
ってゆぅかそもそもいったい誰が決めたことなのか
まぁ一般論ってヤツですね。

でもこれって計画的にやれば強い味方になると思うんですよ。
過去にマサしのも両建てしロスカットをまのがれ、なんとかプラス決済したこともあります。

確かに損切り(ストップ)は自分の大切な資産を守るための手段の1つだと思います。

100回中99回は戻って来るかもしれません。
でも100回中1回は戻って来ない時があります。
そんな時の為の損切りだとは思います。

でも人間そんなスッパリ諦めきれるものではありません。
そんな時どんなことをしてしまいますか

1.戻って来るまで耐える耐えれる資金はありますか
2.両建てする両建てした後どうしますか
3.スッパリ損切りする勇気があります。素晴らしいです

といったように思い切って3にした方が精神的には楽でしょう。
でもマサしののとってしまう行動は1か2です

確かに3の方がストレスが少ないし次のチャンスにめぐり合える確率が高くなります。
マイナスポジションを持ってるとここぞとゆぅチャンス時にここでポジったらナンピンになってしまうとか含み損が増え強制ロスカットになってしまうかも・・・と考えてしまい二の足を踏んでエントリーできなくなってしまいます。
その分損切りした後は精神的にも楽になってるのでチャンス時にエントリーできると思うのです。

このようにFXを続けてくうちに損切りの大切さを痛感しました。
でも損切りしまくったあげく損切り貧乏に
そぉやって思うと両建てしてた時の方が資金が増えてたんですよね。

そこでマサしのは悟りました。
損切りしまくったあげく損切り貧乏になり資金がなくなってしまうのなら本末転倒と。

だってそうですよね、
お金を増やしたくてFXをやっているのですから。

結局はリスク管理の問題なんですけど、、、
要は両建てもナンピンも損切りも使いようです

Lot数が多い時・変動が激しい通貨はもちろんストップ入れます。
マサしのも怖いので

Lot数が少ない時・変動が穏やかな通貨は様子見します。
即損切りと決め付けてできる人はそうした方がいいんでしょうが、マサしのはあがけるとこまであがきます(笑)
もしくは損切り幅をへとも思わない幅にするのもひとつの手ですよね。
マサしのの場合3,000円以下です。
なのでLot数増やすと即、ストップにかかってしまいますが(笑)

様子見した時はスイングトレードに切り替わることもありますし両建てする時もあります。
でも諦めは肝心なので戻って来なさそうな時は損切りします。
その目安としては日足移動平均線を目安にしてます。

両建てした時は反転確認してからプラス決済しても良し、建値決済してもよしです。
マサしのは少しでも資金を増やしたいので前者の方を選びますが
プラス決済したほうが口座資金が増えその分ロスカット値も伸びますしね。

とゆぅようにその場その場にあわせて臨機応変にやってます。

これに対して賛否両論あると思はいますが・・・
作戦の1つに両建てがあるとゆぅことです。

作戦とゆぅだけあってむやみやたらに両建てすればいいとゆぅものでもありません。
自分の口座資金とロスカット値など計算が必要にはなってくると思います。


なにはともあれ両建ては損切り同様大切な資金を守る手立て。
マサしのはそう思ってます







ブログ更新の励みになりますので応援ポチお願いします
それぞれ1個づつポチしてくれるとうれしいです


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。